2013年10月11日

私『拡張性心筋症』だって・・・

●平成25年10月11日

耳が痒くなった時とき。
狂犬病の予防注射のとき。

心臓から雑音が聞こえるって言われていたの。
機会があったら検査をしてみなさいって
言われていたの。

そしてこの前、
包丁の欠けた刃を飲み込んでしまったとき。
また言われたの。
一度、検査をしてみたらいかがですか?って。
心臓が少し大きくなっているって。

3日後の水曜日、
ご主人様が色々調べて
亀戸動物病院に行くことにしたの。
前に行っていた○○動物病院は、
閉院してしまったので
新しい病院を探していたの。

そして亀戸動物病院で色々な検査をして、
若いドクターが説明してくれたの。

こんな検査や
84e9dcd85d1247bc8823d4d86b21d4d2.jpg

エコーの動画やレントゲンも
6c2599d139def72fa5876c460e08f820.jpg
※この写真はあたしのではないからね。

で、『拡張性心筋症』って診断をいただいたの。
ご主人様は???
少し心臓が悪い感じ・・・?
あまり心配していないのよ。
あたし、フィラリアやっていたから、
その名残で心臓が悪いと思っていたんですって。

おうちに帰ってネットで調べてみたら・・・。
ご主人様・・・!!
この日は私に優しくしてくれて静かにしていたわ。
私をずーと見ながら撫でてくれるの。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

◆ライト動物病院のブログより

 犬の拡張型心筋症は予後に警戒を要する病気です。
 治療に対して初期反応が良好であった場合、
 約25%〜40%の患者さんが6ヶ月以上生存し、
 1年生存率は17.5%程度、
 2年生存率は7.5%とされています。
 これは単純に逆に言うと、60〜75%の患者さんは
 半年生きられないということですが、
 もちろん悪化していく前に治療を開始すれば
 よりよい治療反応が得られ、
 予後も期待することができると考えられます。

  http://blog.goo.ne.jp/rightac2006/e/475ad0f40b4ef6f0d26ec92354d25f46


::::::::::::::::::::::::::::::::

あたし今まですごい元気だったからね。
病気になっているなんて考えたこともなかったって。
でも動物保険には入っていたのよ。

で、先週の1ヶ月検査では、
薬が効いているみたいですって。
心臓が少し小さくなっているって言っていたわ。
だから次の検査は3ヶ月後でいいんですって。

でも最近、夜中に息が苦しくなるの。
静かに寝ているのに、
突然ハーハーしちゃって。
これ、病気の影響なのかしら。
だったら、病気が進行しているってこと?

10月10日(木)23時ごろ


少し時間がすぎれば
なんでもなかったみたいになるの。
ちょっと落ち着いたところ。


今は、とっても元気よ♪
全くいつもと変わらないの。
昨日と今日、10分くらいハアハアしただけだから。
でも、この呼吸は何かの信号かもね。
注意しなさいって・・・。

だれか、病気に詳しい人教えて〜!
だれか、助けて〜犬(泣)




ニックネーム ケティ at 14:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケティちゃん

すーパパさんは、あなたのことが心配です。

拡張性心筋症が疑われるのであれば、一度、
循環器・呼吸器科の専門医に検査してもらうとよいですよ。
専門医でないと、十分な検査ができないらしいので。

↓の医療センターには、高度医療の専門医がいらっしゃいます。

http://www.jarmec.co.jp/about/

チェス&シュガ子のお兄ちゃんが学んでいる大学の平尾先生はそこの循環器・呼吸器科の専門医ですから、診てもらえるといいですね。

ただ、かかりつけの病院から紹介状を書いてもらう必要がありますが…。

ケティちゃんの病気がこれ以上進行しないことを祈っています。

Posted by すーパパ(chess & sugar パパ) at 2013年10月27日 09:00
久しぶりに覗かせていただいたら・・・ケティちゃんのお病気がわかったのですね。

どんなにかご心配なことと思います。
私のお友達のワンちゃんも同じ病気ですが、上手に病気と付き合って、3年以上経った今も楽しく暮しています。
なので、進行をおさえて今の状態がキープできるといいですね。
Posted by コルキーママ at 2013年10月29日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字